寝ている間に不調が生じる|通販で購入できる外反母趾専用の靴についてチェックしよう

通販で購入できる外反母趾専用の靴についてチェックしよう

MENU

寝ている間に不調が生じる

睡眠

肩こりや腰痛の原因に

敷布団は自宅にあるものやセットで購入したものをそのまま利用しているという人も少なくありません。しかしこの敷布団が肩こりや腰痛といった不調の原因になっているケースがあります。人間の背骨は緩いS字カーブを描いているのですが、敷布団が柔らかすぎると人間の身体の部位として一番重い首やお尻などの出っ張った部分が沈み込みやすくなります。そのため首の回りや腰に体重がかかってしまうこととなり、眠っている間にコリが生じてしまって肩こりや腰痛を引き起こしてしまう可能性があるのです。特に肩こりは枕が合わないのが原因だと良く言われていますが、それと同様に敷布団が原因となっているケースもあるため、何をやっても不調が改善しないという人は見直しを行ってみると良いでしょう。

カギは体圧分散

肩こりや腰痛と言った症状が起こらないようにするためには体重を分散することができる敷布団を選ぶことが重要です。首周りや腰だけに体重がかからない体圧分散ができるものだと、その字の通りに身体にかかる圧力を分散することができるので身体のどこか一か所にコリが生じるということがなくなります。1日5時間〜8時間、人によってはそれ以上眠るために使っている敷布団を改善するだけでマッサージが良いやストレッチが不要になる可能性もあるのです。そのためには自分が実際にその敷布団に寝てみることが重要です。いくら口コミで「良い」と言われている物であっても、その人の体重や体型は違ってきますので、誰にとっても体圧分散ができる敷布団であるとは限りません。お店で実際に寝てみて、自分の身体にあったものを選びましょう。